脱毛エステの仕組み

ufe9gwyf.png脱毛エステは、ただ脱毛するだけでなく、美肌やリラクゼーションを目的としています。自己処理で行う脱毛とは異なり、肌にダメージを与えずに奇麗な肌を維持しながら脱毛をすることが可能です。 その最近の脱毛の施術方法の多くは、熱ダメージを毛根に与えることで、脱毛をします。これは、光を肌の毛根に当てることでメラニン色素が反応をし、毛根が熱を持ち、毛細胞と毛乳頭のタンパク質の性質が変化をし、ダメージを受けるので、再生出来ずに抜け落ちます。施術に用いられる機械は、キノセンランプやフラッシュランプになるので、脱毛方法の名称が、IPL脱毛、光脱毛、フラッシュ脱毛と異なっていても、効果や痛みの違いはありません。多くの脱毛エステで、これらの脱毛方法が行われるようになったのは、今まで使われていたレーザー脱毛やニードル脱毛よりも痛みがかなり少なく、一度に広範囲の光を当てることが出来るので、脱毛する施術の時間を短縮できるからです。 光を照射し、熱ダメージを与えて行う脱毛方法は、成長期の毛に熱ダメージを与えることはできますが、休止期や退行期の毛には、熱ダメージを与えることが出来ません。なので、自身の毛周期に合わせて、脱毛エステサロンに通うことで、段々とまばらになっていき、多くの人がだいだい6回程通うことで、完全に脱毛はされ、エステにより、奇麗な肌を維持しながら、くつろいだ雰囲気とリラックスして施術を受けることが出来ます。

このブログ記事について

このページは、Okakamiが2013年12月25日 05:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「車査定はネット活用がお得です。」です。

次のブログ記事は「ミュゼプラチナムは、脱毛サロンです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7